様々な種類が出ている美容ドリンク。
それぞれにたくさんの効能や効果が謳われていますが、自分が何を望んでいるのか、どういう効果が欲しいのかをはっきりさせてそれを実現するために効果的なドリンクを選んでいくことが大切ですね。

美容効果の中でも今回は特にアンチエイジングに効果がある2つの成分に注目してみました。どの成分がどのような効果を持つのかを見ていきましょう。

【シアル酸】
酸性糖質の一種です。
ヒトや牛の唾液や、母乳の中にも多く存在しています。食品では、中華料理のツバメの巣に多量に含まれています。ローヤルゼリーや卵(特にカラザと呼ばれる部分)にも含まれています。
生物の細胞表面の糖鎖末端に存在しており、細胞同士の間での情報のやり取りをしたり、何かが細胞につく時の受け皿となる役目を担っています。
ウイルスや細菌などがシアル酸が結合すると、その情報を認識し免疫細胞に対し攻撃するように情報を伝達するという重要な役割などもはたしているのです。

そしてこのシアル酸は、細胞の表面で複合糖質の形で存在し表面をマイナスに帯電させることで、細胞表面に水分を引きよせて水分を保つ働きをしています。みずみずしい肌には水分保持がとても大切ですね。
また肌の潤いやハリの主成分であるコラーゲンやヒアルロン酸などの成分を、必要な場所に誘導する役割もしているのがシアル酸なんです。
コラーゲンやヒアルロン酸などをたくさん摂取していても、それを肌に定着させるシアル酸の働きがないと充分な効果が期待できないのです。

シアル酸を美容ドリンクなどで摂取することで、次の効果が期待できます。
・肌の保湿力保持
・コラーゲン層を厚くしたり、コラーゲン作る力を向上させる
・免疫力向上
・脳や中枢神経の発達を促進する

【プラセンタ】
胎盤から細胞分裂を促進する有効成分のEGF(グロースファクタ—)や他の栄養素を抽出したものです。
このプラセンタの成長因子EGF(グロースファクタ—)は、細胞分裂を行う細胞の表面にある受容体(レセプター)に作用し、細胞分裂が適切に行われるために必要な情報の伝達を行っています。
この働きにより、古くなった細胞やダメージを受けた細胞から新しい細胞を作り出すのを助け、常に体を新鮮な細胞で保っています。

このEGF(グロースファクタ—)は体の中から20歳過ぎると急激に減少し、40代では20代の時の約半分にも減ってしまいます。そうなると、肌は新しく再生できず、しみやシワ、たるみなどの症状を起こしてしまうのです。

このプラセンタを美容ドリンクなどで摂取することで、次の効果が期待できます。
・細胞の活発化による、たるみやシワの改善
・肌の新陳代謝促進による肌の若返り効果
・血行の促進
・ホルモンバランスを整える
・自律神経を整える